ブラック・フライデーのアメリカアウトレットの様子

ブラック・フライデーの日のデザート・ヒルズはこんなんだった!

デザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレット

ここまでは基本情報などを紹介しましたが、ここからは2017年ブラック・フライデーの様子やお買い物のお役立ち情報などをいろいろと紹介していきます。通常営業とは違い、ブラック・フライデーの日は深夜0時から営業が始まります。絶対買いたいものがある人は0時前には到着するように向かうようです。そのため深夜1時頃には目的のショッピングを終えて早々に帰っていく人も多くいました。

そのため、深夜から朝にかけてまだ外が暗い時間帯は比較的駐車場に余裕がありました。駐車場が止められないくらい混み出すのはお昼ごろのようです。今回デザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレットで気づいたのが圧倒的にアジア人のお客さんが多いことです。やはりショッピング好きなのはアジア人なのでしょうか。中国人が一番多くて、韓国人や日本人もかなりいてみなさんお買い物を楽しんでいました。

デザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレット夜明け

こちらは駐車場から見た夜明け頃の様子です。今回はいろいろと買ったので何度も駐車場に荷物を置きに行きました。この写真はその時に丁度きれいな山が見えたので撮りました。このようにデザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレット周辺には何もなく砂漠と山しかないんです。

人気ブランドは並ぶの必須!

デザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレット

アメリカのアウトレットで並ばないといけないことはかなり稀にしかありません。しかし、ブラック・フライデーの日は多くの人が訪れるためか人気店の多くは人数制限を行っていて長蛇の列になっています。「こんなに並ぶのか!」とちょっと驚いたぐらいです。

ですので、絶対見たいお店は早めに並んでおいたほうがいいです。また、入場制限の列は長くなったり短くなったりします。グルグルいろんなお店を回りながら、短そうな時を狙って並べば上手に時間を使うことができます。

お店によって入場制限の仕方は違います。中には待ってもなかなか列が進まないお店もありました。アウトレットモールでは珍しいサン・ローラン(Saint Laurent)は全く列が進まず今回はお買い物を断念したお店の一つです。他にもバーバリー(Burberry)もかなり長い列ができており、入るのに1〜2時間は待っているようでした。

激安すぎて感覚が麻痺する世界

デザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレット

さて、実際どのくらい安くお買い物ができるのか?というのが気になりますよね。この日のデザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレットは基本60パーセントオフ以上を掲げているお店が多かったです。カジュアルブランドは普段50〜100ドル(約6000円〜12000円)ほどで買えるものが20ドル(3000円)以下であったり、普段は安くならない高級ブランドも30パーセントオフになったり、ととにかく安いです。

マークジェイコブスのバックは通常300ドル(約35000円)するものが一つ100ドル(約12000円)だったり、プラダでは靴や洋服が二つ買えば20パーセントオフ、でした。 また、多くのお店で店内セールコーナーで売られているものは、値札で半額などになっていて、レジに持っていくとさらに30パーセントオフなど、とにかく激安すぎて驚きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

海外に商品を販売したり、海外で商品を購入して日本で販売したり、きちんとした仕事から副業、または旅行が好きで旅行のついでに商品を購入して、販売して旅行代を軽くしたい人まで役立つ情報と航空券やホテル、レンタカーのお得な使い方とノウハウを記載していきます。