ボストンに行ったら是非立ち寄りたいオススメスポット

アメリカ独立運動が始まった都市としても知られるマサチューセッツ州ボストン。
その歴史を学ぶことができる観光スポットが数多く存在します。
史跡を巡る遊歩道も整っており、歴史好きには外せない観光都市です。
現在は名門ハーバード大学、MIT(マサチューセッツ工科大学)などを有する学生の街でもあるボストン。

アメリカ国内でも比較的安全で、気候も年間を通して過ごしやすいですが、気温の落差が激しいことや冬には雪が降ることも多いので注意が必要です。
そんなボストンのおすすめ観光スポットをご紹介します。

アーノルド樹木園
イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館
オールドノース教会
クインシーマーケット
ケープコッド
コプリー広場
ジョン・F・ケネディ ライブラリー
ハーバード大学
バンカーヒル記念塔
ビーコン・ヒル
フリーダム・トレイル
プルデンシャル・センター
フェンウェイ・パーク
ポール・リビアの家
ボストン茶会事件の船と博物館
ボストンコモン
ボストン美術館
ボストン・オペラハウス 
ボストン・パブリック・ガーデン
ニューイングランド水族館
マサチューセッツ工科大学
マサチューセッツ州議事堂
ミュージアム・オブ・サイエンス
レオナルド・P・ザキム・バンカー・ヒル・ブリッジ

アーノルド樹木園

アメリカ最古の樹木園であるアーノルド樹木園は世界中の約15000種類の植物を鑑賞することができる、ボストンでも有名な観光スポット。ボストンの街全体に広がる緑の環状帯「エメラルドネックレス」の中でも2番目の広さである107ヘクタールの敷地で、散策やサイクリングをする人たちがたくさんいます。

季節によってはガイド付きの観光ツアーも開催していますので、植物に興味のある方はぜひ参加してみてください。ツアーのスケジュール確認や手配、園内地図の入手などはビジターセンターで可能ですので、忘れずに立ち寄るようにしましょう。毎年5月の第2日曜日であるライラックサンデーではライブやイベント、ピクニックが開催されますので、ボストン観光の時期が合えば覗いてみてくださいね。

アーノルド樹木園
住所:125 Arborway, Boston, MA 02130
公式サイト  https://www.arboretum.harvard.edu/

イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館

ボストン社交界の華であった美術品コレクターのイザベラ・スチュワート・ガードナーが設立した美術館は、古代ローマ時代から現代までの貴重な絵画や織物などを鑑賞できる観光スポットです。約2500点もの所蔵品のなかにはジョン・シンガー・サージェントやモネ、ボッティチェルリ等の有名な画家による作品も多く、観光客だけでなく地元ボストンの人々にも人気の高い美術館となっています。

また建物はベネチア様式の大邸宅で、美しい木々や花が咲く中庭のコントラストは観光客にも人気の風景となっていますよ。この美術館は1990年に大規模な絵画盗難事件があったことでも有名。ところどころに見られる空の額には盗まれた作品が戻ってくるようにという意思が込められています。ボストン観光の際にはベネチア宮殿風の邸宅と世界的な芸術を楽しめるこの美術館に足を運んでみてはいかがでしょうか。

イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館
住所:25 Evans Way, Boston, MA 02115
公式サイト https://www.gardnermuseum.org/

オールドノース教会

1723年に建設されたオールドノース教会は、ボストン最古の教会として有名な観光スポットです。この教会はアメリカ独立戦争の際に重要な役割を果たしたため、歴史好きには外せない観光スポットとなっていますよ。当時イギリス軍の奇襲を知らせるランタンが掲げられたことをみた独立戦争の重要人物ポール・リビアが、植民地軍に知らせるために馬を走らせたエピソードで知られています。

ボストン最古の教会というだけあって外観は歴史的な重みを感じる造り。内部は白を基調とした美しい教会です。柱や壁など細部には歴史を感じる装飾が施されていますので、観光の際にはじっくりと見学してみてくださいね。また教会前の広場には、ポール・リビアの銅像がありますよ。

オールドノース教会
住所:193 Salem St, Boston, MA 02113
公式サイト https://oldnorth.com/

クインシーマーケット

ボストンの中心部に位置するクインシーマーケット。3棟の建物が並び、お土産を購入したり食事を楽しむことができる人気の観光スポットです。ここでは様々なボストン名物のお土産を購入することができるので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。クインシーマーケットでは様々なジャンルの料理を楽しめるフードコートも人気で、観光客だけでなく地元ボストンの方も多く賑わっています。ボストン名物として挙げられるニューイングランド・クラムチャウダーは特におすすめですよ。

クインシーマーケットはフリーダム・トレイルのルート上にあるので、観光の合間に立ち寄ることができるのも魅力の一つ。広場では大道芸人によるパフォーマンスなどのイベントも開催しているので、そちらもあわせて見学してみてくださいね。

クインシーマーケット
住所:4 South Market Building, 5th Floor, Boston, MA 02109
公式サイト http://www.quincy-market.com/

ケープコッド

ボストンから船や車で行ける半島ケープコッドは、ビーチリゾートとして人気の観光スポット。ここではシュノーケリング等のアクティビティが充実しているので、体を動かしてみてくださいね。約700㎞にもわたる海岸線にある遊歩道で、散策しながらビーチの景色を楽しむのもおすすめ。その中でもケープコッド・レイルトレイルは廃線となった鉄道の線路を遊歩道に舗装したもので、観光客にとても人気です。

さらにケープコッド半島の先端には、新大陸を目指したメイフラワーⅡ世号が最初に上陸したとされる歴史的な港町があります。ここでは多数の博物館や美術館、国定海浜公園など見所が満載ですのでぜひ立ち寄ってみてください。ボストン市街地とはまた違う雰囲気を楽しめますよ。

ボストン観光の際には、ビーチリゾートとともに歴史も感じることができるケープコッドに足を運んでみてくださいね。

ケープコッド
公式サイト http://www.massvacation.jp/area/capecod/spot/

コプリー広場

ボストンの中でも高級住宅地であるバックベイ地区の中心にあるコプリー広場。憩いの場として観光客だけでなくボストンの地元の方にも人気の高い観光スポットとなっています。広場の中にある噴水前で一休みしたり、週に2回開催されているマーケットで地元の食材を楽しんだりすることができます。

その中でもおすすめなのが、広場内に建てられたトリニティ教会の見学です。ロマネスク様式の美しい外観と多数のステンドグラスや絵画が飾られている内部のどちらも楽しめます。ツアーや無料のオルガンコンサートも開催されていますので是非足を運んでみてください。

その他にも広場の隣にある、プルデンシャル・センターよりも高いジョンハンコックタワーに登って絶景を楽しんだり、アメリカで初めて無料の図書貸し出しを始めたルネサンス様式のボストン公共図書館などもすぐ近くにあるので、見所満載ですよ。

コプリー広場
住所:206 Clarendon St, Boston, MA 02116
公式サイト http://www.massvacation.jp/area/boston/spot/

ジョン・F・ケネディ ライブラリー

1963年に暗殺された、アメリカ合衆国元大統領ジョン・F・ケネディ。
今でも絶大な人気を誇るジョン・F・ケネディに関する展示をしている博物館は、ボストンの中でも人気の高い観光スポットです。館内では資料映像を鑑賞したり写真や遺品などが展示されているので、彼の様々な姿を知ることができます。

ホワイトハウスの執務室をリアルに再現した展示ホールは、特に大人気。キューバ危機の際に第三次世界大戦を防いだロシアとの駆け引きの様子や、アポロ計画の詳細な説明など盛りだくさん。入場の際は、館内地図と日本語の館内説明書を忘れずにもらうようにしましょう。またこの博物館はボストン市内から少し離れた場所にありますので、ボストン市内から観光する際は地下鉄やバスなどの公共機関の利用がオススメです。

ジョン・F・ケネディ ライブラリー
住所:Columbia Point, Boston, MA 02125
公式サイト https://www.jfklibrary.org/

ハーバード大学

ボストン中心部から約7㎞離れたケンブリッジ地区に位置するハーバード大学は、世界でも有数の名門大学として知られています。それだけに観光スポットとしても人気があるんですよ。歴史ある学校だけあり広い敷地の中には映画「ハリー・ポッター」に登場する魔法学校の食堂のモデルとなった学食や、自然史博物館に美術館など観光名所が数多く存在します。

ハーバード大学には観光客向けにキャンパスツアーが開催されているので、興味のある方はご利用ください。ガイドはハーバードに通う大学生が務めてくれますので、普段の授業の雰囲気などを聞いてみるのも楽しそうですね。またハーバード大学内にあるインフォメーションセンターでは、大学案内図や建物の歴史についてのパンフレットを入手することができますよ。ぜひボストンに観光の際には、大統領やノーベル賞受賞者を輩出した名門ハーバード大学を訪れてみてくださいね。

ハーバード大学
住所:77 Avenue Louis Pasteur Boston, MA 02115
公式サイト https://www.harvard.edu/

バンカーヒル記念塔

独立戦争時の重要な戦いとなったバンカーヒルの戦いを記念して建てられたバンカーヒル記念塔。
独立戦争の歴史を学ぶことができるだけでなく、ボストン市街地の絶景を楽しめる人気の観光スポットです。この塔の周辺にある公園ではピクニックや犬の散歩ができるので、観光客だけでなく地元の方にも人気の憩いの場です。

高さ67.3mのこのバンカーヒル記念塔は、内部に294段の階段があり、それを登って頂上へ行くことができます。そこから眺めるボストン市街地の景色はまさに絶景。また塔の最大の見所は、塔の前にある戦争の英雄ウィリアム・プレスコットの銅像と、塔の入り口や横にある博物館で独立戦争についての展示物を見学できることです。バンカーヒル記念塔はフリーダム・トレイルの終点でもありますので、他のボストンの観光名所を巡って歴史を学んだ後にこの塔に訪れるとより理解が深まります。

バンカーヒル記念塔
住所:Monument Sq, Charlestown, MA 02129
公式サイト https://www.nps.gov/bost/learn/historyculture/bhm.htm

ビーコン・ヒル

ボストン郊外にあるビーコン・ヒルは、高級住宅街として有名な観光スポット。石畳の歩道やガス灯にフェデラル様式のテラスハウスが建ち並び、散策するのにおすすめですよ。

特にビーコン・ヒルにあるチャールズ通りは、アンティークショップや工芸品店などがたくさんあるので、ボストン土産を買うのにもってこいです。またこの街では観光ツアーが開催されており、ビーコン・ヒルの歴史探訪やおすすめのショップ巡りができるので、参加してみてくださいね。

ビーコン・ヒルにはマサチューセッツ州議事堂やニコルズ・ハウス博物館などボストンの観光名所もありますので、あわせて足を運んでみてください。なおビーコン・ヒルを訪問するおすすめの季節は、雪の積もった様子が幻想的になるクリスマスシーズンですよ。

ビーコン・ヒル
住所:Between Beacon St and Cambridge St., Boston, MA
公式サイト http://www.beacon-hill-boston.com/

フリーダム・トレイル

フリーダム・トレイルとは、ボストンコモンからバンカーヒル記念塔までボストンの観光名所16箇所を結ぶ約4㎞の道のりのことです。
その16箇所はどれもアメリカが国として独立するまでの、歴史上の重要史跡。フリーダム・トレイルはアメリカの歴史を学びたい観光客に特に人気となっています。

フリーダム・トレイルではガイドツアーも開催されていますので、詳細な説明などを聞きたい方は参加してみてはいかがでしょうか。またビジターセンターで、ガイドツアーの手配やフリーダム・トレイルの地図を入手することができますので、立ち寄っておきましょう。16箇所全ての観光名所を周るにはそれなりに時間がかかりますので、テーマやエリア等を決めて効率よく史跡巡りをしてみてくださいね。

フリーダム・トレイル
住所:Greater Boston Visitor Center: 147 Tremont Street, Boston, MA 02109
公式サイト https://www.thefreedomtrail.org/

プルデンシャル・センター

高さ228mを誇るプルデンシャル・センターは、ショッピングモールやオフィスなどが含まれる大型複合施設。ボストンの中でも有名な観光スポットとなっています。歴史的な建造物が多く建ち並ぶボストンの中では比較的珍しい高層ビル。建設当時は物議を醸し出しましたが、現在では特徴である展望台など素晴らしい見所のおかげで観光スポットとして人気を博しています。

50階にあるスカイウォーク展望台からはボストン市街地やハーバード大学、州議事堂等の観光名所を一望できるのでおすすめ。昼と夜の絶景は全く雰囲気が違いますので、興味のある方はどちらの時間帯も立ち寄ってみてはいかがでしょうか。また52階にあるレストランでもその絶景を眺めながら食事を楽しむことができますよ。

プルデンシャル・センター
住所:344, 800 Boylston St #1900, Boston, MA 02199
公式サイト http://www.prudentialcenter.com/

フェンウェイ・パーク

大リーグで人気球団のボストンレッドソックスの本拠地であるフェンウェイ・パーク。大リーグで現在使用されている球場の中で最古という歴史のあるスタジアムです。まず最大の特徴は歴史を感じる造り。赤いレンガ造りや銅像、壁画を見ていると博物館のような気分を味わうことができますよ。また近年建設されたも球場よりも収容人数が少なくなっていますが、その分選手との距離が近くて迫力が楽しめる球場です。

収容人数が少ない分チケットがとりづらいのですが、機会があれば野球の試合を観戦してみてくださいね。この球場の見所としてレフトスタンド部分がグリーンモンスターと呼ばれる高い壁になっていますよ。ツアーも開催されており、ボストンレッドソックスの歴史を学んだり普段入れない特別席を見ることができます。ボストン観光の際には歴史のあるフェンウェイ・パークで本場の大リーグを楽しんでみてください。

フェンウェイ・パーク
住所:4 Yawkey Way, Boston, MA 02215
公式サイト https://www.mlb.com/redsox/ballpark

ポール・リビアの家

ボストンのダウンタウンに位置するポール・リビアの家は、独立革命の立役者の一人であるポール・リビアが約30年間住んでいた場所。ボストン最古の家屋として、有名な観光スポットです。1680年に建設されたポール・リビアの家に入ると、そこはポール・リビアが生活していた当時のまま保存されています。ボストンが植民地時代であった生活を身近に感じることができますよ。

ポール・リビアの家の灰色がかった建物は、歴史的な重みを感じることができます。ここではポール・リビアが手掛けた銀細工の作品も鑑賞することができますので見逃さないようしてくださいね。

ポール・リビアの家はフリーダム・トレイル沿いにあるので、他のボストンの観光名所とあわせて立ち寄りやすいのも魅力。ボストン観光の際にはボストン最古の家屋、ポール・リビアの家を訪れ、ボストンの歴史を肌で感じてみてくださいね。

ポール・リビアの家
住所:19 N Square, Boston, MA 02113
公式サイト https://www.paulreverehouse.org/

ボストン茶会事件の船と博物館

アメリカ独立戦争のきっかけとなった「ボストン茶会事件」。ボストン茶会事件とはイギリスの不公平な税制に抗議するような形で、入植者たちが342個のイギリス会社の茶箱をボストン港に投げ捨てた事件です。事件が起きたボストン港には、それに関する博物館があります。

入館料は28ドルと少々高めですが、リアルに復元された茶会船に乗り込み当時のコスチュームに身を包んだスタッフと一緒に茶箱を投げるパフォーマンスを楽しめますよ。そのほかにも体験型の展示が数多く揃っているので必見。ホログラフィックを使用してイギリス兵士とボストン市民が言い争う3D映像や、独立戦争の場に居合わせているかのような臨場感を味わえる巨大スクリーンでの映像など、ここでしか体験できないものばかりです。

ちなみにギフトショップは入館料なし、無料で入れますよ。こちらで当時のパッケージを再現した紅茶など、レトロで可愛いグッズを購入するためだけに立ち寄るのもいいですね。

ボストン茶会事件の船と博物館
住所:306 Congress St, Boston, MA 02210
公式サイト https://www.bostonteapartyship.com/

ボストンコモン

アメリカ最古の公園で、ボストンのダウンタウンの真ん中に位置するボストンコモン。ボストンの街のシンボルともいえる公園で、定番の観光スポットになっています。平和な雰囲気漂うボストンコモンですが植民地時代には訓練場として、革命戦争時代にはイギリス軍の野営地として利用されていた歴史があるんですよ。

現在ではピクニックや生演奏を楽しんだり、のんびりとした時間を過ごせる観光スポット。園内にある池でスワンボートに乗ったり、冬にはアイススケートリンクに変身する噴水のあるカエル池周りで水遊びをしたりと、家族連れでも安心して楽しめます。

ボストンコモンはフリーダム・トレイルの出発点になっているので、ここを起点にボストンの観光スポットを周遊してみるのもいいですね。

ボストンコモン
住所:139 Tremont St, Boston, MA 02111
公式サイト https://www.boston.gov/parks/boston-common

ボストン美術館

通称MFAと呼ばれる、世界最大級の規模を誇るボストン美術館。その展示品数の多さや質の高さから観光客だけでなく、地元ボストンの方たちにも人気の高い定番観光スポットです。このボストン美術館は日本とゆかりが深く、日本国外における日本美術のコレクションは最大規模なんですよ。巻物絵や浮世絵、刀剣などのコレクションは日本にも無いような貴重なものが沢山揃っています。ちなみに美術館には本格的な日本庭園「天心園」も併設されていますよ。

ボストン美術館内はかなり広くコレクションの数も膨大であるため、全ての作品を見ようとしたらかなりの時間を要します。入場後はまず館内地図を入手し、どの作品を見に行くかのスケジュールを立てるのがオススメ。また追加料金で日本語対応の音声ガイドをレンタルすることができますので、より詳細に作品について知りたい方はぜひご利用くださいね。

ボストン美術館
住所:465 Huntington Ave, Boston, MA 02115
公式サイト https://www.mfa.org/

ボストン・オペラハウス 

1928年に完成したボストン・オペラハウスは、ボストンの芸術の中心的な存在として人気の高い観光スポット。現在ではボストン・バレエ団の本拠地となっており、バレエやその他のコンサート、ショーなどを鑑賞することができますよ。

このボストン・オペラハウスの歴史は波乱万丈なんです。当時の最高劇場建築家を雇って絢爛豪華に建設させましたが1991年に財政難により一度閉鎖。2004年に大規模な修繕工事を行った後、やっと再開することができました。この経緯を知ってから観光すれば、感慨深いものがありますよね。

ボストン・オペラハウスはボストンのダウンタウンに位置。ショッピングや観光ついでに気軽に立ち寄れるのも嬉しいポイントですね。

ボストン・オペラハウス
住所:539 Washington St, Boston, MA 02111
公式サイト https://www.bostonoperahouse.com/

ボストン・パブリック・ガーデン

ボストン・パブリック・ガーデンは、ボストン市内にある自然環境「エメラルドネックレス」の一つであるアメリカ初の公立植物園。誰もが気軽に利用できることを目的として造園されたボストンコモンとは違い、ボストン・パブリック・ガーデンは造園技術を駆使したデザインとなっています。園内には花畑やバラ園が広がっており、ボストン観光の際にはその美しい景色を見にこの植物園を訪れてみてくださいね。

ボストン・パブリック・ガーデンの一番の特徴は大きな池。ここでは130年以上も前から愛されていたスワンボートに乗ることができます。池の上から見る周辺の自然景色は、いつもとは違う雰囲気を感じることができるのでおすすめですよ。

ボストン・パブリック・ガーデン
住所:4 Charles St, Boston, MA 02116
公式サイト https://www.boston.gov/parks/public-garden

ニューイングランド水族館

ボストン港にあるニューイングランド水族館は、6000以上の海の生物を見ることができる水族館として大人気の観光スポット。特徴は工夫を凝らした展示方法で、3D映像で生物を見せたり、直接触ることでより知識を深めることができ、子供から大人まで楽しめます。

一番のみどころは、ジャイアントオーシャンタンクと呼ばれる巨大な水槽。4階まで突き抜けた水槽にはサメやカメ、エイなどの生物が泳いでいます。水槽の周りには螺旋上のスロープがありますので、あらゆる高さや角度から水槽内の生物を観察することができますよ。また4月から10月の間では水族館の船でホエールウォッチングを体験することもできますのでぜひ参加してみてくださいね。

ボストンの港町ウォーターフロントの中心部分に位置しますので、観光がてら気軽に立ち寄れることも魅力ですよ。

ニューイングランド水族館
住所:1 Central Wharf, Boston, MA 02110
公式サイト https://www.neaq.org/

マサチューセッツ工科大学

MITことマサチューセッツ工科大学は、ハーバード大学と並び世界の大学ランキングで常にトップクラスに位置する世界有数の工科大学。ボストンに訪れた際にはぜひ見学すべき観光スポットの一つです。マサチューセッツ工科大学の校舎はとてもモダンで、敷地全体がSF映画に出てきそうな雰囲気。緑豊かなキャンパス内を散策するだけでも十分楽しめる観光スポットとなっています。

この大学での一番の見所はMIT博物館です。ホログラフィーやスローモーションの世界など、この大学の研究成果を見学できるのでおすすめですよ。また博物館や生協では一風変わったお土産も販売していますので立ち寄ってみてくださいね。

ボストン中心部からは地下鉄でもいけますが、景色を存分に楽しめるバスでのアクセスがおすすめ。ハーバード大学にも近いため、併せて観光するコースが楽しいですよ。

マサチューセッツ工科大学
住所:77 Massachusetts Ave, Cambridge, MA 02139
公式サイト http://www.mit.edu/

マサチューセッツ州議事堂

ボストンコモンを見下ろせる丘のビーコン・ヒルに建つマサチューセッツ州議事堂は、歴史的な州議事堂として有名な観光スポットです。見学ツアーに参加すればこの建物がどういう歴史をたどってきたか、またボストンにおける政治の中でどういう役割を担っているのかを分かりやすく知ることができます。また内部にある貴重な美術品を鑑賞することもできますよ。上下両院の会議室など普段なかなか見ることのできない場所も見学したい方はぜひ参加してみてくださいね

マサチューセッツ州議事堂は有名な建築家であるチャールズブルフィンチが手掛けた建造物です。見学の際には内部だけではなく赤いレンガと白い柱のコントラストや、頂上にある黄金に輝く巨大なドームなどその特徴的な姿にも注目してみてくださいね。

マサチューセッツ州議事堂
住所:24 Beacon St, Boston, MA 02133
公式サイト https://www.boston-discovery-guide.com/massachusetts-state-house.html

ミュージアム・オブ・サイエンス

ボストンにあるミュージアム・オブ・サイエンスは、見て触って体験できる科学物館です。ボストンの中でも子供から大人まで楽しめる人気の観光スポットとなっています。

展示品数は約700点もあり、楽しい実験を交えながら見学することができます。1日に3回開催されるライトアップショーでは、館内にいるにも関わらず迫力満点の稲妻を見られるのでおすすめ。また飼育されている動物を見るイベントや、熱帯植物の鑑賞、恐竜の骨格の観察も可能。で様々なジャンルに触れ合えることができます。

その他にもプラネタリウムや3D映画の上映、シミュレーターでの飛行体験など見所満載。ボストン観光の際には、楽しみながら学ぶことができるこの博物館にぜひ足を運んでみてください。見所が多いので、時間に余裕をもって観光に訪れるようにしてくださいね。

ミュージアム・オブ・サイエンス
住所:1 Science Park Boston, MA 02114
公式サイト https://www.mos.org/

レオナルド・P・ザキム・バンカー・ヒル・ブリッジ

世界で最も幅の広い斜張橋の一つであるレオナルド・P・ザキム・バンカー・ヒル・ブリッジは、ボストンの中でも人気の観光スポットです。橋としては珍しく非対称のデザイン。塔の高さもバラバラであるため、写真撮影をする観光客も多いんですよ。

特に夕暮れ時や、ライトが点灯している夜はシャッターチャンス!昼間とは全く違った雰囲気を楽しむことができます。

この橋は歩いて渡ることはできないので、撮影だけでなく渡りたいのであれば車で訪れてください。ボストン観光の際にはレオナルド・P・ザキム・バンカー・ヒル・ブリッジを鑑賞しに足を運んでみてくださいね。

レオナルド・P・ザキム・バンカー・ヒル・ブリッジ
住所:I-93, Boston, MA 02114
公式サイト https://www.leonardpzakimbunkerhillbridge.org/

ABOUTこの記事をかいた人

海外に商品を販売したり、海外で商品を購入して日本で販売したり、きちんとした仕事から副業、または旅行が好きで旅行のついでに商品を購入して、販売して旅行代を軽くしたい人まで役立つ情報と航空券やホテル、レンタカーのお得な使い方とノウハウを記載していきます。