日本未発売の商品を日本よりも安くアメリカから輸入する方法!仕入れ値を下げて利益を上げろ!!

海外仕入れ

アメリカから商品の輸入したい・・・
ただどうやって外国から日本に取り寄せることができるのか??

関税が掛かったり、そもそも日本に出荷できないなどの問題がありそうで

なかなか外国仕入れに手を出していない方が多いかと思いますが実際には要点だけ

抑えておけばかなり簡単です!!

 

今回はアメリカで輸入仕入れを起こす際のポイントを纏めましたので参考に!

転送業者を利用して発送をする

アメリカのブランドの中には、海外発送をしないサイトもあります。
しかし、アメリカ国内の転送業者を利用して日本へ送る事ができます。
一般的な手順を説明します。

1.転送業者と契約します。
 ほとんどの企業がオンラインで完結します。
2.転送業者から住所を受け取る
 契約が完了すれば、住所が貰えます。
3.配送先に受け取った住所を設定する

こちらを行うことで自動的に商品がこちらに発送されます。

日本国内に発送されない商品は他の方が面倒がって手をつけませんから逆にチャンスです。

日本未入荷の商品も輸入することは可能。

アメリカ国内でしか買えない限定品や、日本に正規代理店がある商品でもアメリカから購入した方が安い場合があります。平行輸入品というものですね。

もちろん保証がついていないものが大半ですが初期不良は出品者が対応してくれますので粗悪品を掴まされても全部損する・・・なんてことはありません。

輸入の際に日本のアマゾンやヤフオクなどで「並行輸入品」と検索すれば色々商品が出てきます。中には半額以下の値段で仕入れられる商品もございますから積極的に調べていきましょう。

アマゾンで”並行輸入品”を調べてみる

 

消費税 Sales TAXの問題

アメリカでは、日本の消費税のようなSales TAXが存在

このSales TAXが厄介で州ごとによってその%が変動します。

かなり安いなと思って購入したのに、Sales TAXのせいで利益が吹っ飛んだなんて話もありますから購入の際には注意が必要です。

Sales TAXが高い州はもちろんありますが、仕入れ代金を安く抑える為には、Sales TAXが低いもしくは0の州を配送先に指定した方が仕入れコストを下げられます。

購入の際には注意しましょう。

 

Sales TAXが0%の州がある

アラスカ、デラウェア、モンタナ、ニューハンプシャー、オレゴン州とフロリダの一部がSales TAXが0%です。
(2018年9月現在)

オンラインで仕入れする場合、これらの州に配送して、まとめて日本に配送すれば、国際送料も抑えられますし、Sales TAXも0%になります。
副業で輸入のビジネスをされる方は、この制度を利用した方が利益を確実に伸ばせます。

例えばオレゴン州には、日本向けに特化した転送業者も多くあります。
「オレゴン 転送」と検索すれば、複数の転送業者が見つかると思います。
しかし、日本向け料金となっている業者が多いため高いです。

MY US日本語には対応していませんが、全米でNo.1の転送業者なので
色々と使い勝手は良いです。
FefExやDHLなどクーリエと言われる業者が非常に安く使えます。

他の発送では対応が悪くランタンを輸入しましたがガラス部分が破損している事がありました。
しかし、商品の発送元が悪いの一点張りで補償されませんでした。

My USのFedExを使って輸入した時は、事故担当部署からすぐに連絡があり
スムーズに商品の補償を受ける事が出来ました。

沢山利用すれば、担当者も付きますので個別に対応もしてもらえます。

コメント