サンタフェ(ニューメキシコ州)に行ったら是非立ち寄りたいオススメ観光スポット

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サンタフェは、アメリカニューメキシコ州北部中央に位置する都市です。歴史が古く、美しい景観を持っていることから「アメリカの宝石」と呼ばれています。その町並み自体が観光スポットですが、なかでも美術館を兼ねたニューメキシコ州会議事堂、歴史博物館となっている総督邸などが人気です。有名なレストランも数多く、唐辛子を用いたニューメキシコ料理をはじめ、世界各地のメニューが楽しめます。

アメリカ最古の家
キャニオンロード
サンミゲル教会
殉教者の十字架
聖フランシス聖堂
ニューメキシコ歴史博物館
ペコス国立歴史公園
ラクダ岩
リオグランデリバーのラフティング
ロレットチャペル

アメリカ最古の家

サンミゲル教会のすぐ裏手にある「アメリカ最古の家」。いつ建てられたかは記録がないため不明なのですが、おそらく1200年頃だと考えられています。一帯はバリオ・アナルコ歴史地区という地域。「アナルコ」とはメキシコから来たネイティブアメリカンの言葉で「水の向こう」という意味で、彼らがサンタフェ川を超えてこの高地に定住したという事を示しています。

当時の人々やその生活を想像しながら見学するとより楽しめますよ。サンミゲル教会とセットで訪れて観光してみてくださいね。

アメリカ最古の家
住所:215 E. De Vargas St., Lower Old Santa Fe Trail, Santa Fe, NM

キャニオンロード

1キロにも及ぶ「キャニオンロード」には、道の両側に所狭しとギャラリーが並びます。その数およそ100店。ヒッピーの聖地であるこのエリアの自由で平和な雰囲気に惹かれ、各地からアーティストが集います。ネイティブアメリカンのアートや現代アート、抽象画とその種類もさまざま。アート好きにオススメしたいサンタフェのスポットです。

この通りだけでなく奥の道や更にその奥にもギャラリーが続き、周辺は全米でもトップクラスのギャラリー密集地。アドビ建物内にカラフルなアートが並ぶ様子は本当に可愛らしいですよ。

またクリスマスイブのイベントは必見。ファロリートと呼ばれる紙袋や砂などで作られた小さなランタンが道を埋め尽くすという、通り自体がアートとなるイベントです。サンタフェを代表するアートなスポットにぜひ訪れてみてくださいね。

キャニオンロード
住所:Canyon Rd, Santa Fe, NM 87501
公式サイト https://visitcanyonroad.com/

サンミゲル教会

アメリカ最古の教会といわれる「サンミゲル教会」。初めにいつ建てられたは正確には定かではありませんが、アメリカ合衆国建国以前の1610年頃といわれています。教会は建設以降400年に渡り、先住民と入植者との争いなどで幾度となく破壊され修復再建が繰り返されました。内部では「1710年に再建」という文字を確認できますよ。

赤い土壁の外観も素敵なのですが、内部正面にある素朴な美しさをもつアルタースクリーンは必見です。1300年代に鋳造されたアメリカ最古の鐘「サンホセの鐘」は、鳴らすといつか再びサンタフェに戻ることができる、という言い伝えがあるんですよ。サンタフェらしさあふれるサンミゲル教会、ぜひ観光で訪れてくださいね。

サンミゲル教会
住所:215 E De Vargas St, Santa Fe, NM 87501
公式サイト http://sanmiguelchapel.org/

殉教者の十字架

サンタフェの丘の上にある高さ約8メートル、重さ76トンほどの大きな白い「殉教者の十字架」。1680年にネイティブアメリカン達がスペイン植民者に対し蜂起したプエブロ反乱時、犠牲になった21人のフランシスコ会修道士やスペイン植民者の死を追悼し建てられました。ちなみにこの反乱ではスペイン人をエルパソまで追い出す事に成功しています。

ここからはサンタフェの景色を一望でき、特にサンセットや夜景が評判で観光客に人気のスポットなんですよ。街の中心部からはもほど近く、一帯が公園になっており遊歩道があるのでお散歩にもピッタリですね。

殉教者の十字架
住所:617 Paseo De Peralta, Santa Fe, NM 87501

聖フランシス聖堂

ロマネスク様式の「聖フランシス聖堂」には、スペインから持ち込まれたアメリカ最古のマリア像が祀られていることで有名です。建物は1869年から1886年にかけて建造されました。マリア像以外にもヨーロッパを彷彿させる重厚な聖堂や宗教画、聖堂中央の泉にステンドグラスなど見所多数。ギフトショップも併設されているので、ここでサンタフェのお土産を探してみるのもいいですね。

サンタフェを代表する観光名所のひとつですが、内部は静かで涼しく、ベンチもあるので旅のちょっとした休憩にもちょうどいいですよ。サンタフェのダウンタウンにあり、周辺には公園や博物館にギャラリーなどもあるので観光するにも便利。ぜひ訪れてみてくださいね。

聖フランシス聖堂
住所:131 Cathedral Place, Santa Fe NM, 87501 
公式サイト https://www.cbsfa.org/

ニューメキシコ歴史博物館

サンタフェの歴史を知るのに最適なのが「ニューメキシコ歴史博物館」。ここでは400年遡ったサンタフェをはじめとしたニューメキシコ地域の歴史を知ることができますよ。原住民、スペイン人による植民地化とサンタフェトレイルについての展示がされています。

サンタフェトレイルとは、19世紀にアメリカ西部開拓のルートの一つ。ニューメキシコからミズーリまでを結び、アメリカ合衆国と当時メキシコ領であったニューメキシコ州の往来や貿易の要所でした。しかし後にはアメリカによるニューメキシコの侵略ルートとなりました。このルートはサンタフェ国指定歴史街道として指定されています。

比較的新しいこの博物館は展示が分かりやすく、かつ詳細な説明がなされています。サンタフェの歴史に興味がある方はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ニューメキシコ歴史博物館
住所:113 Lincoln Ave., Santa Fe, NM 87501
公式サイト http://www.nmhistorymuseum.org/

ペコス国立歴史公園

サンタフェ中心部から車で一時間ほど東南にある「ペコス国立歴史公園」。ここではかつてペコス族という原住民が居住していた遺跡を見ることができます。最盛期は約2000人程の人口で、栄えた町だったといわれています。しかしスペイン人探検家に発見されてしまい、スペイン人による侵略が始まりました。反発したペコス族はこの地を捨て去り、廃墟の遺跡だけが残ったということです。

現在では遺跡を見学しながら、ハイキングを楽しめるコースとなっています。サンタフェ観光中にドライブがてら訪れて、その歴史を感じてみてくださいね。

ペコス国立歴史公園
住所:P. O. Box 418, Las Vegas, NM 87552
公式サイト https://www.nps.gov/peco/index.htm

ラクダ岩

サンタフェ中心部から車で20分程北上すると、面白い形をした大きな岩「ラクダ岩」が現れます。まるでラクダが座って頭をまっすぐにしているかの様。頭が飛び出ていますがバランスよく安定しています。遠くから見るとまるで砂漠のトレッキング地帯に足を曲げて休んでいるように見えますよ。

周辺には観光スポットなど何もないエリアなので、わざわざ足を運ぶという程のところでもないかもしれません。ハイウェイからでも見ることができるのでサンタフェから北方面にドライブをする予定のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ラクダ岩
住所:17500-U.S.84 W Frontage Rd, Exit 175 off of US 84 and Camel Rock Road, Santa Fe, NM 87507-4385

リオグランデリバーのラフティング

サンタフェ観光の合間にアクティビティを楽しみたい!という方におすすめなのが「リオグランデ川」でのラフティング。サンタフェの北西を流れており全長約3000キロの川は、全米でもトップクラスの長さを誇ります。この川はかつてメキシコとアメリカ合衆国の国境とされていました。歴史のあるこの川はアメリカンヘリテージリバーに指定されています。

そんな川をラフティング、またはカヤックで下ることができますよ。緑あふれる山々の間を下るのはとても爽快。穏やかなコースもありますが途中岩場や急な箇所もあるのでご注意を。一日コースか半日コースを選択でき、バーベキューも楽しめる観光スポットです。

リオグランデリバーのラフティング
住所:2898 New Mexico 68 Pilar, NM 87553
公式サイト http://www.kokopelliraft.com/

ロレットチャペル

ゴシック様式の小さなチャペル「ロレットチャペル」は、ミステリー好きにはたまらない観光スポット。チャペル内には「聖ヨゼフの階段」と呼ばれる360度が二回りしている螺旋階段があります。この階段は高さが6メートルもありますが、多くの螺旋階段が持つ階段を支えるための中央の支柱がないんです。

伝説では教会が仕上がる直前、階段を付け忘れたことに気がつきます。そこでシスター達がノヴェナという九日間の祈りをしたところどこからともなく老人が現れ、たった一人で見事な螺旋階段を造りあげました。礼も受け取らずに立ち去った老人は聖ヨゼフの化身だったのではないか、というお話です。支柱のない階段はまるで宙に浮いているようで非常に精巧で芸術性の高さを感じさせます。制作者が聖ヨゼフでなかったとしても、極めて高い技術を持った職人による素晴らしい作品といえますね。

現在は教会ではなく有料の博物館及び結婚式場として利用されているロレットチャペル。残念ながら螺旋階段は安全のため登ることはできませんが、140年前の美しい教会の姿とともに間近で鑑賞することができますよ。

ロレットチャペル
住所:207 Old Santa Fe Trail Santa Fe, NM 87501
公式サイト https://www.lorettochapel.com/