ナッシュビル(テネシー州)に行ったら是非立ち寄りたいオススメ観光スポット

ナッシュビルはカントリー音楽の中心地として有名な、アメリカ南西部で4番目に大きいテネシー州の州都です。
街では1年を通してカントリー音楽のライブが行われており、最盛期にはカントリー音楽の90%以上がこのナッシュビルにある200以上のスタジオで収録されていました。
音楽以外の見どころも多く、古き良きアメリカ南部の趣を残す穏やかでおおらかな雰囲気も魅力的です。
今回は「南部のアテネ」との異名も持つカントリーミュージックの聖地、ナッシュビルの観光スポットをご紹介していきます。

アドベンチャーサイエンスセンター
アンドリュー・ジャクソンのエルミタージュ
RCAスタジオB
ヴァンダービルト大学
オープリー・ミルズ
カンバーランド川の歩道橋
カントリー音楽の殿堂博物館
グランド オール オープリー ハウス
ゲイロードオープリーランドリゾート
シャーマーホーンシンフォニーセンター
ジョニー・キャッシュ博物館
ジェネラル・ジャクソン・ショーボード
センテニアル公園
泉門マンション
ダウンタウンナッシュビル
チークウッド植物園&美術館
テネシー州立博物館
ナッシュビル動物園
ナッシュビルのファーマーズ・マーケット
日産スタジアム
ネルソンのグリーンブライアー蒸留所
バイセンテニアルキャピトルモール州立公園
パルテノン神殿
フリストセンターフォーザビジュアルアーツ
ブリヂストン・アリーナ
ベルミードプランテーション
ライマン公会堂
リバーフロントパーク
レーンモーター博物館

コンテンツ

アドベンチャーサイエンスセンター(Adventure Science Center)

科学と宇宙の素晴らしさを頭や体全身を使って楽しみながら学べると、ナッシュビルでもファミリー層に人気の観光スポットです。1945年に開館、1952年にはテネシー州初のプラネタリウムを導入して注目を集めました。

太陽系の各惑星についての展示もあり、特に木星は「ムーンウォーカー」をつかって無重力を体験できる面白スポットとなっています。恐竜時代から宇宙に至るまで壮大で不思議な世界へと誘ってくれる素敵なナッシュビルの観光施設。ぜひ訪れてみてくださいね。

アドベンチャーサイエンスセンター(Adventure Science Center)
住所: 800 Fort Negley Blvd., Nashville, TN 37203
公式サイト http://www.adventuresci.org/

アンドリュー・ジャクソンのエルミタージュ(Andrew Jackson's Hermitage)

ナッシュビルを始め南部の古き良き時代の大富豪の暮らしぶりを観光できる、広大な施設「アンドリュー・ジャクソンのエルミタージュ」。アンドリュー・ジャクソンは第7代米国大統領で、ここに住みながらアメリカの政治について思いを巡らせていました。大統領になった気分で美しい庭園を散歩したり、貴族のお屋敷には備わっているといわれる図書館に訪れているのもいいかも。

大統領が暮らした邸宅は2階建てのフェデラル様式のレンガ構造で、暖炉と煙突が印象的。1831年にはホワイトハウスとして利用するため、建築家のデビッド・モリソンの指示により大改装が行われています。また、敷地内にはジャクソン夫婦のお墓もあるんです。ここに訪れて、大統領が暮らした邸宅や素晴らしい庭の風景、小さな博物館を訪れて、ぜひ彼の功績に触れてみてくださいね!

アンドリュー・ジャクソンのエルミタージュ(Andrew Jackson’s Hermitage)
住所: 4580 Rachels Ln, Nashville, TN 37076-1331
公式サイト http://thehermitage.com/

RCAスタジオB(RCA Studio B)

ダウンタウンから南西方向に約2kmにある、ナッシュビルの歴史あるレコーディング・スタジオ「RCAスタジオB」。1960年代のナッシュビル・サウンド発祥の地として有名になった場所でもあり、世界中のカントリーファンを魅了する観光地となっています。かつてここが世界の音楽レコーディングの、ひとつの中心だったといっても過言ではないほどの伝説的スポットです。

エルビスプレスリーやドリーパートンなど、現在でも知らない人がいないほど著名な大物アーティストがレコーディングしています。そんな歴史に触れることができると、観光客が後を絶ちません。カントリーミュージックの歴史と業績を誇る、RCAスタジオBをぜひ訪れてみてくださいね。

RCAスタジオB(RCA Studio B)
住所:1611 Roy Acuff Place, Tours depart from the Country Music Hall of Fame and Museum, Nashville, TN 37246
公式サイト http://studiob.org/

ヴァンダービルト大学(Vanderbilt University)

ヴァンダービルト大学は1873年設立の、ナッシュビルにある私立大学です。100万ドルを寄付した大事業家のコーネリアス・ヴィンダービルトに因んで名前が付けられています。全米屈指の最難関の名門校の一つで、「南のハーバード」と呼ばれ著名人もたくさん輩出しています。4つの学部から70の学科を提供し、6つの大学院を擁しています。ジーン・アレクサンダーハード図書館は、全米屈指の図書館で、800万以上の図書を有しています。

都市の真ん中にある広大で美しいキャンパスは国立植物園になっており、300種以上の木々が立ち爽快です。学生も芝生の広場に座って、ゆっくり寛ぐ姿も見られます。グラム・ホールなどで、定期的に演奏会などが行われ、プロミュージシャンのコンサートや演劇なども行われています。観光にもピッタリなスポットですので、ぜひ訪れてみてくださいね。

ヴァンダービルト大学(Vanderbilt University)
住所: 2201 West End Avenue, Nashville, TN 37235
公式サイト http://www.vanderbilt.edu/

オープリー・ミルズ(Opry Mills)

ナッシュビルのオープリー・ミルズに位置する、テネシー州最大のショッピングモールです。敷地内には200以上のショップと水族館レストランやカフェ、映画館などが備わっています。アウトレット価格で販売するお店も多いので、お得に買い物ができそうですね。

日本でもお馴染みのフォーエバー21も、さすがはアメリカという広いフロアで品ぞろえも豊富。雑貨店や宝石やスポーツ用品のお店などもあり、ちょっとしたお土産探しにも便利です。高級百貨店サックス・フィフス・アヴェニューのアウトレット店舗も魅力的。敷地内にはフードコート、メリーゴーランドや滝などまであり一日中過ごすことができそうなスポットです。

オープリー・ミルズ(Opry Mills)
住所:433 Opry Mills Drive, Nashville, TN 37214
公式サイト http://www.simon.com/mall/opry-mills

カンバーランド川の歩道橋(Cumberland River Pedestrian Bridge)

1909年に造られ、2003年に歩道橋として再オープンしたナッシュビルを流れるカンバーランド川にかかる橋。全長960mの世界で最も長い歩道橋は、ナッシュビル市民に愛されているスポットです。観光に最適なスポットで、散歩しながらダウンタウンの景色や日産スタジアムを眺めることができますよ。

この橋が最も美しいのは街に沈んで行く夕日の頃。美しいパノラマが広がります。また夜に橋がライトアップされた姿も幻想的で見逃せませんよ。ナッシュビルのダウンタウンからかすかに響いてくる音楽とともに景色を楽しむ、ちょっと贅沢な夜を過ごしてみてはいかが?

カンバーランド川の歩道橋(Cumberland River Pedestrian Bridge)
住所: 2300 Two Rivers Parkway, Nashville, TN 37214

カントリー音楽の殿堂博物館(Country Music Hall of Fame and Museum)

ナッシュビルに訪れたらカントリー音楽の歴史に触れる観光は外せませんね。カントリーミュージックの聖地ナッシュビルならではの観光を楽しめるのが「カントリー音楽の殿堂博物館」。ダウンタウンの中心部に位置し、変わった形をした外観が目を引きます。外壁の窓はピアノの鍵盤をイメージし、LPレコードからCDへの変遷を象った屋根もとっても面白く魅力的。空からは音符の「ヘ音記号」に見えるんですよ。

数百万ドルの価値があるといわれる貴重なコレクションをはじめ、カントリーミュージックに関する品々を見ることができ、カントリーファン以外の方でも楽しめる必見の観光スポットです。楽譜やレコード、公文書館としての役割も担っているんですよ。音楽と映像が興味深く展示され、ナッシュビルだけでなく世界中のカントリー・ミュージックファンの、絶好の観光地となっています。ぜひ、訪れてカントリー・ミュージックの魅力に触れてみてくださいね。

カントリー音楽の殿堂博物館(Country Music Hall of Fame and Museum)
住所:222 Fifth Avenue South, Nashville, TN 37203-4206
公式サイト http://countrymusichalloffame.org/

グランド オール オープリー ハウス(The Grand Ole Opry House)

グランド オール オープリー ハウスでは、ナッシュビルにあるラジオ局WSMのアメリカ最大の長寿ラジオ番組の公開録音を観光できるんです。この番組は「グランド・オール・オープリー」といい、1925年から約90年も続いているんですよ。4424席の客席はいつもすぐに満席になるほどの人気ぶり。カントリーソングからゴスペル、トラディショナルロックまで様々な分野の音楽を配信しています。番組参加には事前にチケットの購入が必要です。

かつて収録の場所だった「ライマン公会堂」のオーク材のステージが、そのまま切り取られはめ込まれているのも見どころとなっています。またバッグステージツアーなどもあり、ナッシュビルならではの素敵な観光体験ができそうですね。

グランド オール オープリー(The Grand Ole Opry)
住所:2804 Opryland Drive, Nashville, TN 37214
公式サイト http://www.opry.com/

ゲイロードオープリーランドリゾート(Gaylord Opryland Resort)

グランド・オール・オプリから約1.6キロに位置し、訪れる人の半数が宿泊客ではなく観光客という超大型リゾートホテル内にあるガーデン「ゲイロードオープリーランドリゾート」。植物園のような名物ホテルの2882室の客室がすっぽりと覆われる、ガラスドームがトレードマークです。巨大コンベンションセンターや5つの展示スペースにショッピングアーケード、15店以上のレストランなど見どころも豊富でナッシュビルで外せない観光スポットの一つです。

ここでの観光の見物は1万種もの植物が生息するインドアガーデン。正面玄関のあるカスケードや川のあるデルタ、プールのあるマグリノアや温室エリアに分けられており、ホテル内とは思えないような光景が広がっています。何といてもデルタ地区は必見で、1周15分のボートツアーで湿原の雰囲気を味わったり、18~21時の正時に行われる噴水ショーを見ることもできます。ナッシュビルに訪れたらぜひ、ホテルで観光を楽しんでみてくださいね!

ゲイロードオープリーランドリゾート(Gaylord Opryland Resort)
住所: 2800 Opryland Drive, Nashville, TN 37214
公式サイト https://www.marriott.com/hotels/travel/bnago-gaylord-opryland-resort-and-convention-center/

シャーマーホーンシンフォニーセンター(Schermerhorn Symphony Center)

カントリー・ミュージックの聖地ナッシュビル。音楽が盛んな街だけあって他にも様々なタイプの音楽を鑑賞することができる街なんです。「シャーマーホーンシンフォニーセンター」でクラシックの演奏に癒されるひとときもオススメ。2006年にオープンした広大な敷地には白く荘厳な古典主義の建物の外観がとても印象的です。

1844席あるコンサートホールは内部も立派で、防音装置や二重の社交窓、自然照明などで演出がされています。音響面も認められており、音響柔軟性とクリエイティブな自動化システムで迫力ある音響効果を用いた音を楽しめます。西側には柱で囲まれた庭園もあり、観光にも最適なまさに癒しの空間となっています。

シャーマーホーンシンフォニーセンター(Schermerhorn Symphony Center)
住所:1 Symphony Pl, Nashville, TN 37201-2031
公式サイト https://www.nashvillesymphony.org/

ジョニー・キャッシュ博物館(The Johnny Cash Museum)

2013年5月1日にナッシュビルのダウンタウンにオープンした、カントリーミュージックに多大な功績を残した伝説的歌手「ジョニーキャッシュ」の博物館です。この博物館が所蔵するキャッシュに関するコレクションは間違いなく世界一。彼の波乱に満ちた人生を垣間見ると同時に、ボブディランやポールマッカートニーなどとの幅広い交友関係にまつわる資料も展示されています。

また展示コーナーには愛用のギターやコスチュームにレコードの詳細な解説など、ファンにはたまらないまさに聖地といえる観光スポットです。ぜひナッシュビルの観光ルートに加えてみてくださいね。

ジョニー・キャッシュ博物館(The Johnny Cash Museum)
住所:119 3rd Ave S, Nashville, TN 37201-2032
公式サイト http://www.johnnycashmuseum.com/

ジェネラル・ジャクソン・ショーボード(General Jackson Showboat)

ナッシュビルのカンバーランド川で、豪華にクルーズ!全長82mもある1100人乗りの巨大な船「ジェネラル・ジャクソン・ショーボード」に乗り、ライブ演奏やショーと食事を楽しみながらゴージャスなひとときを過ごせます。さすがは音楽の都ナッシュビル、クルーズでのエンターティナーの実力はみな超ハイクオリティーです。

ランチは2時間半、ディナーはたっぷり3時間のものから子供向けのものまでクルーズのタイプも豊富に揃っています。正午のクルーズは風光明媚なナッシュビルの景色を、ディナークルーズではロマンティックに大人の時間を楽しむことができますよ。ナッシュビルの観光らしくハイレベルな音楽やショーとともに優雅にクルーズを楽しんでみてくださいね。

ジェネラル・ジャクソン・ショーボード(General Jackson Showboat)
住所:2812 Opryland Drive, Nashville, TN 37214
公式サイト http://generaljackson.com/

センテニアル公園(Centennial Park)

Pond at Centennial Park – Etobicoke

ナッシュビルのダウンタウンより約2kmにある市民の憩いの場となっている都市公園です。この公園は以前は農地だった場所で、現在は緑が美しい芝生が広がり晴れた日にはゆっくり思い思いに過ごす人々が集まっています。春には池の周りに桜の花が咲き乱れ、とっても美しく心地よい空間です。

パルテノン神殿のレプリカがあり、癒しの雰囲気いっぱい。センテニアル公園に訪れて、ゆったりとしたひとときを過ごしてみてくださいね。

センテニアル公園(Centennial Park)
住所:2500 West End Ave., Nashville, TN 37202
公式サイト https://www.nashville.gov/Parks-and-Recreation/Parks/Centennial-Park.aspx

泉門マンション(Fontanel Mansion)

ナッシュビルのホワイトクリーク渓谷の丘陵地帯に囲まれた、広大な敷地に佇むログハウス「泉門マンション」。ここにはカントリー・ミュージックに殿堂入りした、バーバラ・マンドレルが所有する大邸宅があるんです。ガイドツアーがあり、彼女自身の生活ぶりや家族との触れ合いなどを語ってくれます。

建物も魅力的ですが、内部の装飾や調度品なども素晴らしく観光する価値ありです。ワイナリーやレストランも併設し、ライブ音楽を楽しんだりワインの試飲などもできますよ。1970~80年代を駆け抜けたカントリーミュージックの女性ヴォーカリストの栄光を垣間見る観光は、ナッシュビルならではですね。

泉門マンション(Fontanel Mansion)
住所:4225 Whites Creek Pike, Nashville, TN 37189
公式サイト http://www.fontanel.com/

ダウンタウンナッシュビル(Downtown Nashville)

ナッシュビルのダウンタウンは、中心地というのはもちろんですが、夕方になるとどこからともなくギターやバンジョーのな色が聞こえてくるナッシュビルならではの雰囲気が楽しめる観光スポットです。ユニークなのがゴルフカートがタクシーのように走っており、チップだけで行きたい場所へ連れて行ってくれるシステム。徒歩で歩き回れるほどのエリアですが、気の利いたサービスはさすがはアメリカ有数の観光地といえますね。

比較的治安も安全なのでブロードウェイ沿いの数ブロックは、注意は必要ですが夜のネオンを楽しみながら歩くことも可能ですよ。

ダウンタウンナッシュビル(Downtown Nashville)
住所:Nashville, TN 37219

チークウッド植物園&美術館(Cheekwood Botanical Gardens & Museum of Art)

ナッシュビルの西部にある植物園と美術館です。11種類の庭園や森林の中の散策コースには彫刻が点在し、野外美術館といった感覚でも観光できます。園内にはハーブガーデンに野草庭園や日本庭園があり、春にはチューリップの花が咲き華やかに園内を彩ります。園内には座って寛げるスポットもたくさんあるので、座ってのんびりするのにもピッタリ。

1932年に造られた3階建ての邸宅美術館の1階には陶器、2階にはシルバーやテーブルウェア、3階はアメリカ人画家の作品が展示されています。600点にも及ぶ現代アートや、世界最大級のコレクションを誇るアフリカ系アメリカ人の彫刻作品を鑑賞することができます。館内のレストランではテイクアウトも可能なので、園内でナッシュビルの青空の下ピクニック気分で観光を楽しめるのも魅力ですよ。

チークウッド植物園&美術館(Cheekwood Botanical Gardens & Museum of Art)
住所:1200 Forrest Park Dr, Nashville, TN 37205
公式サイト https://cheekwood.org/

テネシー州立博物館(Tennessee State Museum)

テネシー州の歴史を展示する、ナッシュビルにある大きな博物館「テネシー州立博物館」です。広大な展示スペースで石器時代から19世紀までのテネシーの人々の生活様式や、南北戦争前の開拓者たちで栄光を勝ち得た人々の優雅な邸宅などを公開しています。

特に南北戦争時の制服や武器、戦旗の数は米国最大級で見応えがあります。ナッシュビル周辺とテネシー州の歴史を掘り下げつつ分かり易く展示されているので、歴史ファン以外の方にもおすすめですよ。また施設内の分室には軍事博物館があり、1898年の対スペイン戦争から第二次世界大戦までの史料を見ることができます。

テネシー州立博物館(Tennessee State Museum)
住所:505 Deaderick Street, Nashville, TN 37243
公式サイト http://www.tnmuseum.org/

ナッシュビル動物園(Nashville Zoo)

ナッシュビル動物園は1996年に設立された、アメリカ国内では比較的新しい動物園です。国定史跡となっており、ナッシュビルでも有数の観光スポットとなっています。豹やホワイトタイガー、ゾウからミーアキャット、アライグマ、レッサーパンダなど可愛らしい動物まで、多彩な動物たちが生息しています。ズー・セントラル、ジャングル・ループ、サバンナ・ループなど3つのエリアに分かれ、見どころも豊富です。

また多彩な種類のガイドツアーも行われており、バックステージパスツアーなど動物園の裏側が見られる楽しいものも。カンガルーと触れ合ったりカラフルな鳥に餌付けをしたりと、ファミリーからカップルまで皆が楽しめる観光スポットです。地域住民が寄贈した遊具やメリーゴーランドに、竹林など癒しのスポットもあるので楽しい一日が過ごせそうですね。

ナッシュビル動物園(Nashville Zoo)
住所:3777 Nolensville Road, Nashville, TN 37211
公式サイト https://www.nashvillezoo.org/

ナッシュビルのファーマーズ・マーケット(Nashville Farmers' Market)

ナッシュビルファーマーズマーケットは、1800年代初めに広場ではじまったファーマーズマーケットです。現在の建屋はバイセンテニアルキャピトルモール州立公園に隣接、公園の再開発と共にファーマーズマーケットも改装されました。広大な店内には、新鮮で種類豊富な野菜や果物がズラリと並び壮観です。中には日本では見かけないような野菜や果物などもあり、ナッシュビルを体いっぱいに感じられます。

カラフルなポップコーンや観賞植物、新鮮な乳製品まで売られています。レストランも併設され、地産地消のヘルシーな料理のお店など色々揃っています。手作りジュエリーや工芸品、宝石、キャンドルや手作り石鹸なども販売され、金~日曜にはフリーマーケットもオープン。体いっぱいでナッシュビルを感じられる、ファーマーズマーケットを観光してみてください。物珍しいものや掘り出し物に出会える楽しい観光ができそうですね!

ナッシュビルのファーマーズ・マーケット(Nashville Farmers’ Market)
住所:900 Rosa L Parks Blvd, Nashville, TN 37208-2600
公式サイト http://www.nashvillefarmersmarket.org/

日産スタジアム(Nissan Stadium)

2015年に日産自動車が20年契約で命名権を取得した、テネシー州で2番目に大きな多目的スタジアムです。フットボールのタイタンズとテネシー州立大学の本拠地として知られ、「ミュージック・シティ・ボウル」の会場にもなっています。ほかにもさまざまなコンサートやイベントも開催され、6月に400組以上の歌手が参加する大イベント「カントリー・ミュージック・アウォード・フェスティバル」の会場にもなっているんですよ。

客席は3階建てとなっており1階は360度ぐるりとフィールドを囲み、2、3階はサイドラインに沿って備わっています。フットボール好きの方もそうでない方も日産スタジアムに訪れて、迫力満点のイベントを楽しんでくださいね。

日産スタジアム(Nissan Stadium)
住所:One Titans Way, Nashville, TN 37213
公式サイト http://www.titansonline.com/stadium/index.html

ネルソンのグリーンブライアー蒸留所(Nelson's Green Brier Distillery)

ウイスキーの産地としても知られるテネシー州。1867年にテネシー州ロバートソンカントリーのロッキーフォーククリークで設立された蒸留所は、その優れた品質で1885年には州最大のウイスキーの生産量となりました。そして2014年、「ネルソンのグリーンブライアー蒸留所」をナッシュビルにオープン。そんな最新施設を観光で見学することができるんですよ。

とうもろこしやライ麦のウイスキー、ブランデーにジンなどさまざまなお酒が醸造されています。ツアーに参加すると、蒸留所の歴史と特徴を知れることに加え試飲もできますよ。ぜひ参加してナッシュビル産のウイスキーに酔いしれてみてはいかがでしょう。また違ったナッシュビルの魅力に出会えそうですね。

ネルソンのグリーンブライアー蒸留所(Nelson’s Green Brier Distillery)
住所:1414 Clinton St, Nashville, TN 37203-2806
公式サイト http://www.greenbrierdistillery.com/home

バイセンテニアルキャピトルモール州立公園(Bicentennial Capitol Mall State ark)

1996年6月1日に州制200周年を記念して開園された、ナッシュビルの都会のオアシス的存在「バイセンテニアルキャピトルモール州立公園」です。19エーカーの公園にはテネシー州の歴史を語る展示が随所に施され、自然や史跡を見ながらゆっくりと散策を楽しめます。園内では、公園スタッフがテネシー州について語りながら巡るツアーも行われ、思い出に残るひとときを過ごせること間違いなしです。

公園の中心には2000席の円形劇場があります。31本の噴水がテネシー州の河川を表現、50本の柱にテネシー州95群を表す95個のカリヨンが備わっています。音楽の町ナッシュビルらしく音楽を奏でる設備もあり、色々な楽しみ方ができるのも魅力です。ピクニックテーブルも設置されているので、観光にも最適。ぜひランチ持参で出かけてみてくださいね。

バイセンテニアルキャピトルモール州立公園(Bicentennial Capitol Mall State Park)
住所: 598 James Robertson Pkwy, Nashville, TN 37243
公式サイト http://www.tnstateparks.com/

パルテノン神殿(The Parthenon)

19世紀中ごろナッシュビルでは古代ギリシャ哲学やラテン語教育を取り入れる動きがあり、「南部のアテネ」と呼ばれるまでになっていました。それにちなんで1897年のテネシー州100周年記念万博博覧会のとき、ギリシャ・アテネにある古代ギリシャを代表するパルテノン神殿を実物大で再現したということです。実寸で造られたレプリカは世界でここにしかないんですよ。

ちなみに現在の遺跡となった神殿ではなく古代ギリシャ時代の姿をイメージして再現し造られているため、本家とは違った面白さがあります。内部は美術館になっており彫刻や絵画の他、かつて神殿に祀られていたといわれる黄金に輝く女神像のレプリカに出会うこともできますよ。昼間の青空の下の神殿も素敵ですが、夜ライトアップされた姿も幻想的でとっても魅力的。ナッシュビルに来たのなら一度は訪れてみてみる価値のあるスポットです。

パルテノン神殿(The Parthenon)
住所:2600 West End Ave, Centennial Park, Nashville, TN 37203
公式サイト http://www.nashville.gov/Parks-and-Recreation/Parthenon.aspx

フリストセンターフォーザビジュアルアーツ(Frist Center for Visual Arts)

「フリストセンターフォーザビジュアルアーツ」はナッシュビルにある1930年代にユニオン駅の近くに中央郵便局として建てられた建物。それを再利用し、2001年にオープンした美術館です。ギャラリースペースは広く、アメリカ国内外の著名な作家の作品をはじめ、地元の芸術家の作品なども展示されています。

アールデコ調の建物についてのツアーやオーディオガイドツアーなどもあるのでそちらを活用するのもおすすめです。また併設のカフェでは無料Wi-Fiを利用でき、14~17時の間はハッピーアワーでデザートを頼むと無料でコーヒーがついてきますよ。ギフトショップもあるので、お土産探しに寄ってみてもいいですね。

フリストセンターフォーザビジュアルアーツ(Frist Center for Visual Arts)
住所:919 Broadway, Nashville, TN 37203-3822
公式サイト http://fristcenter.org/

ブリヂストン・アリーナ(Bridgestone Arena)

「ブリヂストン・アリーナ」はもともと1996年にナッシュビル・アリーナとして開業。その後持ち主が変わるなど紆余曲折を経た後、2010年にナッシュビルに本社を置くブリヂストンアメリカがマーケティングパートナーとなりブリジストン・アリーナに改名されました。ここでは毎年11月に行われる、カントリーミュージックの授賞式が行われています。

大規模コンサートにプロレスやボクシング、アイスホッケー、バスケットなどのスポーツをはじめミュージカルや家族向けのショーも開催されています。時間が合えばナッシュビルの思い出作りに訪れてみてくださいね。

ブリジストン・アリーナ(Bridgestone Arena)
住所:501 Broadway, 41415 Justin Clinton Twp. Mi.48038, Nashville, TN 37203
公式サイト https://www.bridgestonearena.com/

ベルミードプランテーション(Belle Meade Plantation)

かつてナッシュビルをはじめとしたアメリカ南部で盛んであったプランテーション(大規模農園)の面影を感じることができる「ベルミードプランテーション」。歴史好きをはじめ、グルメやワイン好きの方々にもおすすめの観光スポットです。美しい姿を残す広大な敷地は、「プランテーションの女王」と呼ばれ親しまれています。

1790年に建てられた丸太小屋を、1807年に農園主のジョン・ハーディングが購入したところから始まりました。その後、競走馬の牧場として有名になります。ヨーロピアンな雰囲気の邸宅は1820年に建設がはじまり、増改築を経て1853年には現在の姿になりました。

館内では30分の観光ガイドツアーも開催され、ツアー終了後は敷地内のワイナリーでワインの試飲も楽しめますよ。ワイン醸造所からレストラン、家畜小屋、馬車庫、霊廟、かつての奴隷居住地区などもありアメリカ南部の歴史の一端を垣間見ることができます。ナッシュビルでぜひ訪れてほしい観光スポットです。

ベルミードプランテーション(Belle Meade Plantation)
住所:5025 Harding Pike, Nashville, TN 37205
公式サイト http://bellemeadeplantation.com/

ライマン公会堂(Ryman Auditorium)

古き良き時代を彷彿させるレンガ色の建物が印象的で、ナッシュビルサウンドの発信地として有名なライマン公会堂。「南部のカーネギーホール」と呼ばれ、かつての栄光を今に伝えるナッシュビルの人々の誇りとして愛されている観光地です。

この建物は1892年に蒸気船船長のトム・ライマンが礼拝堂として建設しました。その後音楽の街らしくいつの間にかライブやミュージカルなどのパフォーマンスが行われるようになったのです。1943年から25年に渡り90年間休むことなく放送されたアメリカで最長の音楽ラジオ番組『グランド・オール・オープリー』は、ここから放送されたんですよ。

ロビーや廊下が小さな博物館になっており、往時のスターなどの思いでの品の展示や昔の収録の様子を見ることもできます。現在は11~1月の間だけ、『グランド・オール・オープリー』の収録も行われています。イベントがなく空いているときはツアーで内部を観光することが可能です。

ライマン公会堂(Ryman Auditorium)
住所:116 Fifth Ave N, Nashville, TN 37219-2309
公式サイト http://ryman.com/about/box_office.html

リバーフロントパーク(Riverfront Park)

リバーフロントパークは音楽の町ナッシュビルならではの、アウトドアエンターテインメント会場です。各種フェスティバルを始めさまざまな催しが行われていますよ。市民の憩いの場ともなっており、読書をしたりランニングをしたりとおもいおもいの時間を楽しめます。ナッシュビル市民になった気分で、晴れた日にピクニック気分で出かけてみるのもいいですね。川沿いを走る外輪船のジェネラルジャクソンやカンバーランド川の歩道橋を望む素敵な観光を楽しめますよ。

6月にはナッシュビル最大のコンサートイベントCMA音楽祭が行われ、頻繁に無料のコンサートも開催されています。8月にはミュージック・シティ・フェスティバル&BBQ大会も行われここでも才能豊かなシンガーたちがライブコンサートを行っています。ナッシュビルを優雅に流れるカンバーランド川を眺めながら、ゆったりとナッシュビルらしい雰囲気を味わってくださいね。

リバーフロントパーク(Riverfront Park)
住所:100 First Ave North, Nashville, TN 37201
公式サイト http://www.nashville.gov/Parks-and-Recreation.aspx

レーンモーター博物館(Lane Motor Museum)

車好きの方必見の、ナッシュビル観光スポット「レーンモーター博物館」です。ヨーロッパ車とバイクのコレクションは全米でも最大級。最初はわずか70台から始まったコレクションは次第に多くなり、以前巨大なパン工場だったという屋内スペースには150台の車が入れ替え制で展示されています。現在の所有数はおよそ300台ほどで、1950~70年代の他ではなかなか見られないクラシックカーを含みます。

最新車の目玉は、2003年製のメルセデスベンツのスマートカーです。他にもマイクロカーや三輪車、プロペラ式に米軍で実際に使われていた水陸両用車など、車ファンにはたまらない車種がたくさん並んでいます。展示されているコレクションは販売されることも。ナッシュビルの通好みな観光スポット、レーンモーター博物館にぜひ足を運んでみてくださいね。

レーンモーター博物館(Lane Motor Museum)
住所:702 Murfreesboro Pike, Nashville, TN 37210-4522
公式サイト http://www.lanemotormuseum.org/

ABOUTこの記事をかいた人

海外に商品を販売したり、海外で商品を購入して日本で販売したり、きちんとした仕事から副業、または旅行が好きで旅行のついでに商品を購入して、販売して旅行代を軽くしたい人まで役立つ情報と航空券やホテル、レンタカーのお得な使い方とノウハウを記載していきます。