イタリアやアメリカのアウトレットやフリーマーケットの情報や個人で行う輸出や輸入に関する記事をアップしています。

個人輸出と輸入と海外アウトレット

海外仕入れ

越境ECは簡単にできるのか?利益はでるのか?

投稿日:

越境ECと一口に言っても海外に日本の商品を販売する方法と、海外の商品を日本で販売する方法があります。

良く書籍になっている内容や雑誌に掲載される内容を見ると、eBayや海外のアマゾンを利用して、誰でもいつでも簡単に始めることが出来るし、スタートするとすぐ利益が上がるように書いています。

はたして、そうでしょうか?

日本でも本格的にYahooオークションやアマゾンで販売されている方は、まだ対応出来るかもしれません。

しかし、そうした方であっても送料や手数料を除いて利益を手にすることは難しいのが現状です。

特に無在庫で儲かります的な事を書いている記事もありますが、無在庫と言うことは販売されたときにはアマゾンなどで仕入れを行うため、本当に儲かる商品はごく僅かです。

さらに無在庫の場合、出品件数が有る程度のボリュームがないと販売金額も伸びません。

例えば出品件数10,000以上で効果があるという記事も見たことがあります。

10,000件の出品は出来たとしても、それを管理するのは大変です。

販売されたので、売れた商品を購入しようとすると販売価格より高くなっている、販売された商品がどこにもないと言うような問題に直面します。

それを解決するためには出品する以上の労力を使って、出品した商品のメンテナンスを行う必要があります。

輸入や輸出で最も利益を得られる方法は双方向に商品を流通させることにあります。

ですから、将来的には日本の商品を海外で販売する方法を考えるべきであり、そのノウハウもあります。

しかしながら、まずは越境ECで確実に利益を出せることが前提で考えると海外に行って直接仕入れをして、その商品を日本のYahooオークションやアマゾン、楽天市場で販売する方が確実に儲かります。

商品を購入する総額にもよりますが、旅費を出しても利益が出るように計画することは可能です。

例えば、ヨーロッパに行ってアウトレットの商品を購入して日本で販売した場合に50万円程度の商品を購入する事によって旅費を除いても利益がでます。

そういった状態だけではそれほどの利益はありませんが、購入する金額を増やしたり、ヨーロッパでも販売できるように環境を整えることにより、1回のヨーロッパ往復で売上金額350万円、荒利益(経費を除かない利益)は100万円も、それほど時間をかけずに達成できると思います。

最初からそこまで考えなくてもイタリア旅行がお金をかけずに行けるとしたら、それだけでもメリットになります。

海外(例えばイタリア)に個人で行くには、判らないことだらけで現実味がないとお考えかもしれませんが、実際に行ってみるとそれほど難しくありませんでした。

当社で初めてイタリアに行ったのは今から9年ほど前になりますが、その時には海外旅行は1回しか行ったことがなく、イタリア語はおろか英語もわからないのに1人でイタリアに行ったのが(もちろん仕事として)始まりでした。

その当時は今と違ってインターネットでの情報も少なく、現地での通信手段もモデムで電話回線を利用してメールをやり取りする程度の時でした。

それが今では海外渡航は年間20回以上、輸出入は当社のメイン事業になっています。

当然儲かるからメイン事業になったのであって、それは個人でも可能です。

表題にあった越境ECは簡単にできるのか?

に対する答えは、きちんとしたノウハウがあると簡単にできます。

利益はでるのか?

に対する答えは、きちんとしたノウハウがあると簡単にでます。

となります。

ただし、リスクのない商売に利益はないと言われているように、無在庫や副業程度で空いている時間を利用してと言うことであれば、殆ど成果は上がらないと思います。

海外仕入れの場合は、すでに海外に行くというリスクをとっているので、それに見合う利益を得ることが出来ます。

 

 

 

 

 

-海外仕入れ

Copyright© 個人輸出と輸入と海外アウトレット , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.