日本のコストコ年会費と世界中のコストコ年会費を比較してみました

日本でもすっかりお馴染みとなった大型ウェアハウス・クラブ、COSTCO。

利用するにはけっして安くはない年会費が必要だったり、商品1パックあたりの量が多すぎたりと使い勝手の悪い点はあるものの、上手に活用すれば良質な商品が安く手に入り、毎日の生活の質とコストを大幅に改善することができます。

コストコで買い物をするには、メンバーズカードが必要

ビジネスメンバー(法人会員)     年会費3,500円(税抜)
ゴールドスターメンバー(個人会員)  年会費4,000円(税抜)

というように、コストコでは買い物をするにはメンバーになる必要があります。

1つのカードで会員+非会員2名で買い物を出来ますし、家族カード(無料)を作れば、もう3人買い物が出来ます。
ということで、年間費を払い、無料の家族カードも追加発行すれば、6人まで同伴できます。
(18歳未満のお子様は何人でも同伴OKとお子さんが多い家庭には優しいです)

しかし日本以外にも各国に進出しているコストコの会費気になりますよね?? 

ということで今回はコストコの会費を紹介します!

コストコは世界9カ国に出店

コストコは、アメリカに本社があるのでアメリカにあるのは当然として
世界では、アメリカ、日本以外にも
カナダ
イギリス
台湾
韓国
オーストラリア
メキシコ
スペイン
と、かなりの国に店舗(倉庫)があります。

世界中のコストコの年会費を比較

・アメリカはビジネス会員もゴールドスター会員(個人)も55ドル。
1ドル119円で計算して、5950円
アメリカのコストコでは、ビジネス、ゴールドスター以外にもExecutive Membershipというのがあり、こちらの年会費は、110ドルと他のメンバーズよりも高くなっていますが、年間750ドルまで購入金額の2%還元等、高いなりの理由があります。

日本では、エグゼクティブメンバーシップはないので
ビジネスは2500円近く、ゴールドスターでも2000円近くアメリカの方が会費が高いことがわかります。

・カナダでは価格がアメリカと同じ、ビジネスもゴールドスターも55ドルです。エグゼクティブも110ドルと同じです。
1カナダドル95円で計算すれば、5225円となり。
ビジネスでは1700円近く、ゴールドスターでは1200円近くカナダの方が会費が高いことがわかります。

・イギリスでは、ビジネス会員では20ポンドに付加価値税がつくので24ポンドになり(1ポンド183.3円計算で)4400円程度。個人会員では、30ポンド5500円程度になります。ただ、日本は税抜、イギリスでは税込ですし、税率も違うので、直接的な価格は難しいでしょうが、やはり日本よりも1000円程度高いイメージになります。

・台湾では、ビジネス会員では新台湾1000元、ゴールドスター会員では新台湾1200元となり、1台湾元=3.746146円で計算すると、ビジネス会員で約3746円。ゴールドスター会員では、約4500円。
台湾の会費はほぼ日本と同じですね。

・韓国では、ビジネス会員は、30,000ウォン、ゴールドスター会員が35,000ウォン。1ウォン=0.107117円で計算すると、ビジネス会員は、約3200円。ゴールドスター会員は、約3750円となります。
韓国と比較すれば、日本のほうが300円~750円くらい高くなります。

・オーストラリアは、ビジネスは55オーストラリアドル、ゴールドスターは60オーストラリアドル。1オーストラリアドル=93.3円で計算すれば、ビジネス会員は5100円程度。ゴールドスター会員は5600円程度。
日本と比較すれば、ビジネス、ゴールドスターともに約1500円ずつ高い感じになっています。

・メキシコには、アメリカ同様、エグゼクティブ、ビジネス、ゴールドスターのカード構成となっています。
コストコメキシコのサイトへ行っても会費がドル表示だったりわからなかったのですが、jetwifeさんのブログによれば、Costcoの年会費は一年で450ペソ(2700円)ということらしいので、日本と比較すれば、日本のほうが1000円近く高い感じになります。

・スペインでは、ビジネス会員25ユーロ、ゴールドスター会員30ユーロ。
1€=135円で計算すれば、ビジネス会員約3400円、ゴールドスター会員約4050円。
日本と比較すれば、ビジネスはほぼ同じ、個人はスペインのほうが安い感じになります。

新しい会員費

会員費は約10%上昇します。

エグゼクティブ会員は10ドル上乗せされ、110ドルから120ドルへ。ゴールドスター会員は5ドル上乗せされ、55ドルから60ドルとなります。

会員価格はアメリカもカナダも同様です。

日本のコストコは割安?

その国の税制なども違うので、一概には言えまえんが、日本のコストコの会費は世界とくらべてみれば
アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアは日本よりも割高。
台湾は日本と同等。
韓国、メキシコ、スペインは日本のほうが若干割高という結果になりました。

経済指数として、マクドナルドのビックマック指数やアップルのiphone指数などがありますが、将来、コストコメンバーシップ指数というのが出てきても面白いかも知れません。
あと、コストコには、返品制度という非常に特殊な制度があるので、その国の国民性(おそらく日本人は返品が少ないと思いたい)も利益に影響すると思いますので、その点もメンバーシップの年間費に考慮されているのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする