中国輸入せどりで禁止・規制されている商品一覧!

中国に限らす、国外で輸入せどりビジネスを行うなら必ず目を通して置かなければならないのが輸入禁止・規制されている商品の一覧。

これを守らなくては最悪の場合商売が出来なくなる可能性も高いです。

一度禁止品を確認してトラブルを未然に防ぎましょう。

禁止品・規制品一覧

■CD・DVD・書籍など
これらは輸入禁止物ではありませんが、税関での検査が厳しいです。中国では、ダビングしたCD-RやDVD-Rを販売するショップもあります。そういった事が原因ですが、危ないものは扱わないようにしましょう。よって、こういった商品の扱いは禁止です。

■食品
食品衛生法で乾燥物以外の輸入には事前の許可が必要。扱ってはいけません。

■液体
液体は輸入禁止です。ボールペンのインクも液体です。輸入する前に、液体が含まれないか、必ず考えましょう。

■医薬品
体に関する何かが改善する、病気が治る、など、人体の回復を謳う様な商品は全て薬事法により禁止されております。輸入する前に考えてみましょう。

■銃器
けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品、爆発物・危険物は全て、輸入禁止です。あまりないと思いますが、これと勘違いされる商品も輸入禁止です。エアガンや、刀の形をした傘、武器を模したおもちゃなど、意外と引っかかる商品が多いので気をつけて下さい。

■銃や剣を模したグッズ
最近はコスプレグッズに多いこの手の商品は、勘違いされてダメと判断される場合があります。銃の形をした傘なんかもありますが、この手の規制は非常に曖昧ですので、絶対に大丈夫ではないことを覚えておきましょう。X線などで、抜かれてしまいます。

■幼児向けグッズ
幼児は口になんでも入れてしまいます。その為、幼児に使わせるような商品は許可が必要な商品が多いです。基本的に税関の検査は厳しく、扱わないことをオススメします。

■リチウムイオン電池
パソコンなどはリチウムイオン電池が内蔵されていますので、輸入できません。その他、モバイルバッテリーもこれにあたりますので、基本的には辞めたほうがいいです。香港経由のルートで輸入はできますが、はじめのうちは除外しましょう。

■火薬類

花火など火薬を使った商品がたくさんありますが、リチウムイオン電池同様、輸送中爆発するかもしれないので禁止されております。

■ワシントン条約
ヘビ・ワニなどの革製品・楽器など。写真付きでいろいろ解説されている税関のホームページもチェックしましょう。

中国輸入のメリット

中国輸入のメリットは商品が安いことです。日本に比べて物価が安いので資金が余りない方でも始めることが出来ます。また中国輸入だからと言って中国に行くの?と思うかもしれませんが中国に行かずに自宅で商品を仕入れることが出来るし中国語が使えなくても問題ありません。

中国輸入のデメリット

もちろん中国輸入にもデメリットはあります。中国から商品を仕入れるので手元に商品が届くのに時間がかかります。大体1週間~2週間くらいです。後はあなたが思う中国のイメージって何ですか?

偽物が多そうなイメージありませんか?後は品質が悪いとか、、、

たしかにブランド品に関して言えば現在でも偽物は多いですね。しかし偽物を仕入れなければ何の問題もありませんので気にする必要はありません。品質に関してもたしかに日本製に比べれば劣るかもしれませんが品質が悪いのも過去の話で現在では日本製と同等のクオリティーにまでなっております。