ネット購入でよく見る『並行輸入品』って偽物ではないの?安いの?安全なの??

海外せどり

たまにネットで見かける「並行輸入品」って言葉。

実店舗販売ではあまり見かけないがネットショップとかになるとよく見かけることが多いと思う。

正規品と何が違うのかわからずなんとなく避けてはいませんか??

実は「並行輸入品」の性質を理解さえしていれば正規品と違いお安く商品を購入できるなど お得&メリットが多数存在します。

今回は並行輸入品がお得な理由やそのメリット・デメリットについてご紹介します。

並行輸入とは

では、「並行輸入品」とは一体どんな意味を持つ製品なのでしょうか? 相対する「正規輸入品」との違いから考えると分かりやすくなります。

まず、「正規輸入品」とは、海外ブランドの日本法人や契約関係にある企業などが、その海外ブランドから直接購入した製品を、輸入販売している製品を指します。

これに対し「並行輸入品」とは、海外ブランドとは無関係の個人や会社が、海外の直営店や量販店、ネットショップなどで一般に流通している商品を購入し、それを輸入販売している製品を指すのです。

つまり、流通のルートが異なる輸入品というだけで、購入に難しい手続きなども不要。また違法でもありません

メリット

「並行輸入品」の気になるメリットですが……、正規品に比べて「安い」事が挙げられます。

正規品輸入品は、値崩れ防止やブランドイメージのために、日本での販売価格が固定化していて、値下げセールなどもあまり行われません。ところが並行輸入品にはそんな縛りがないので、為替相場が円高になれば値下げが可能。また、海外では正規品が安価で販売されているケースもあり、安く販売することができるんです。

また、もう1つの大きなメリットとしては、日本未入荷のアイテムが手に入る点が挙げられます。サイズやカラーなどブランドが「日本向け」ではないと判断した製品でも、並行輸入品なら手に入りますので日本にいながら未発売品を手にいてることができます。

デメリット

並行輸入品のデメリットとしては、返品ができない点や、購入後の修理やメンテナンス・アフターケアなどが受けられない点が挙げられます。独自の保証やアフターフォローを提供している並行輸入品店もあるので、比較検討して購入すると安心です。

まとめ

 

また、並行輸入品を購入するうえで気を付けたい点としては、正規輸入品と違って100%安心とはいえない場合があります。「並行輸入品」と称して、全くの偽商品やコピー商品を販売するショップがあったり、仕入れの段階で騙されていたら確認仕様がありません。

また保証が聞かないことが多いので高い値段を出しても保証が欲しいなら正規品がおすすめです。

コメント