イタリアやアメリカのアウトレットやフリーマーケットの情報や個人で行う輸出や輸入に関する記事をアップしています。

個人輸出と輸入と海外アウトレット

イタリア 海外仕入れ

イタリアンブランドのイタリアと他の国で購入した場合の違いについて

投稿日:

イタリア発のブランド品は日本での販売力が高く、値段差もありますので初めて海外で買い付けを行う際にも比較的簡単に利益を出すことができます。

イタリアのブランドというとグッチやプラダ、アルマーニやドルチェ&ガッパーナ、エミリオプッチ、ブルガリなどがあります。

イタリアでは多くのアウトレットにイタリアンブランドが入店していますので、当然購入しやすい環境になります。

これが他の国ではグッチやプラダなどの人気ブランドが入店しているのか。

また、購入する際の価格はどうなのか。

その点を考えてみたいと思います。

 

イタリアンブランド展開について

 

実際にイタリア以外のアウトレットでもイタリアのブランドは販売されています。

それでは、価格はどうなっているのかと言うことを考えてみたいと思います。

イタリア以外のヨーロッパにも数多くのアウトレットは存在します。

パリから最も近いラ・ヴァレ・ヴィレッジ(La Vallée Village)はファッションからキッチン用品まで、115以上のブランドショップが入店していてグッチやプラダが入店しています。

また、イタリアから近いスイスのフォックスタウンにもグッチやプラダが入店しています。

オランダにあるドイツとの国境近くにあるデザイナー アウトレット ルールモント/Designer Outlet Roermondにもグッチやプラダが入店しています。

この様に大きなアウトレットには入店していても、どこでもグッチやプラダが入店しているかというと、そうではありません。

これがアメリカの場合でもカリフォルニアのロサンゼルスから車で2時間程度の距離にあるデザートヒル・プレミアムアウトレットにもグッチやプラダが入店していますが、その他のアウトレットでは入店していません。

この様にイタリアンブランドの中でも最も人気のあるグッチやプラダは入店しているアウトレットが非常に限定されます。

グッチやプラダが入店しているアウトレットでも個数制限があり、少ない商品しか購入出来ないなどの制約もあります。

イタリアでも個数制限や金額の制限はありますが、フィレンツェ周辺の様に何店舗かに分かれて店舗がありますので、1日で複数の店舗に行くことが可能です。

個数制限や金額の制限も他の国で購入するより多くの商品を購入することが出来ます。

 

価格

実際の商品の購入価格に違いがあるか。と言う点についてです。

結論から言うとイタリアで購入するよりも割高になります。

実際に行ったときの価格で考えると

 

最もイタリアに近いスイスのフォックスタウンでも1割から2割近くブランドによっては割高になります。

フランスやドイツでは、それよりも若干高くなっています。

アメリカでは3割程度、割高になります。

ヨーロッパでブランド品を購入する際には付加価値税の戻りがあります。

スイスでも同様に税金の戻りはありますが、戻ってくる合がヨーロッパの半分程度になります。

その事を考えるとスイスと他のヨーロッパに展開しているアウトレットでは同じ程度の価格になります。

 

アメリカは論外だとしても、他のヨーロッパなどのでも仕入と販売の価格を考えると1割でも大きな影響を受けます。

購入のしやすさからも、価格を考えてもイタリアンブランドを購入する場合はイタリアで購入する事をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-イタリア, 海外仕入れ
-, , , , , ,

Copyright© 個人輸出と輸入と海外アウトレット , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.