IHGリワードクラブ

IHGリワードクラブの概要  ポイント  上級会員  クレジットカード

IHGリワードクラブ

ベストホテルリワードプログラムで 2位

概要

インターコンチネンタルホテルズのIHGリワードクラブには、約100カ国に5,400以上のホテルがあり日本ではインターコンチネンタルホテルを始め、ANAクラウンプラザやホリディインホテルなどを多数展開し、ニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコ、マイアミ、ロンドンなどの主要都市を初め多数のホテルがあります。IHGリワードクラブをに入会すると、インターコンチネンタル、クラウンプラザ、ホリディイン、Kimptonなどの参加ブランドでポイントを獲得することが出来ます。

IHGリワードクラブでは、ホテルの無料宿泊や航空会社のマイルの支払いからオンラインでのショッピングやサービスの利用まで、蓄積したポイントを使用するさまざまな方法を提供しています。

また、IHGリワードクラブプレミアクレジットカードまたはIHGリワードカードトラベラーズクレジットカードで、チェイスのホテル滞在と毎日の購入でポイントを獲得することもできます。

世界中で約100の国と地域に4,600以上のホテルと、約674,000室の客室を展開しています。

IHGリワードクラブグループには、インターコンチネンタルホテル、ANAクラウンプラザ、
ホリディイン、ホリディインエクスプレスなどを含む多数のブランドが参加しています。

世界中の有名ホテルやリゾートホテルが揃っています。

IHGリワードクラブの参加ホテルブランドは次のようになります。

インターコンチネンタルホテル

クラウンプラザホテル

ANAクラウンプラザホテル

ホリデイ・イン

ホテルインディゴ

ステイブリッジ

スイーツホテル

ANAホテル

Kimpton

国内では、

北はANAクラウンプラザ稚内、札幌全日空ホテルやホリディインすすきの、東京近郊ではインターコンチネンタル東京、ストリングス品川(インターコンチネンタル)、インターコンチネンタル横浜、インターコンチネンタル東京ベイ(竹芝)、クラウンプラザホテル成田、南はクラウンプラザ那覇ハーバービュー、インターコンチネンタル万座ビーチが加盟ホテルです。

3年ほど前まで日本での展開はインターコンチネンタルホテルのみで東京と沖縄のみ展開していました。

その後、ANAホテルを吸収し全国展開を行っています。

日本国内で考えた場合、最も使い勝手が良いホテルグループになっています。

メリットとデメリット

メリット

世界中で約100の国と地域に4,600以上のホテルと、約674,000室の客室

高級ホテルよりもリーズナブルなホテル、ファミリー向けのリゾートホテルから長期滞在型のホテルまで多岐にわたる選択肢がある。

ポイントは貯まりやすく使いやすい。

ポイントは、通常の無料宿泊の他、少ないポイント数で宿泊出来るポイントブレイクがある。

デメリット

ポイントは高級ホテルと低価格ホテルで得られるポイント数の差が少ない。

上級会員のメリットが少ない。

日本ではポイントを移行できるクレジットカードが無い。

ランキング(あくまでも個人的な意見です)

IHGリワードクラブは、ベストホテルリワードプログラムで2位にランクされています。

ポイント

ホテルに滞在してポイントを獲得することができます。

通常の宿泊で得られるポイントはそれほど多くはありません。

しかし、定期的に行われるボーナスポイントキャンペーンや若干宿泊費用は高くなりますがボーナスポイントパッケージで宿泊することによりより多くのポイントをためることが可能になります。

また、年間に何度かボーナスポイント付きのポイント購入キャンペーンを行っていますのでお得な金額でポイントを購入することが可能になります。

ポイントの利用に関して無料宿泊の他にポイントブレイクと言って通常より少ないポイント数で宿泊出来るキャンペーンを2ヶ月に1回程度行っています。

ポイントを獲得し使用する方法の詳細を見る

上級会員

IHGリワードクラブは、一般会員、ゴールドエリート、プラチナエリート、スパイアエリートの4つの会員レベルに分けられます。

その他にインターコンチネンタルホテルを対象としたアンバサダー会員が有り、アンバサダー会員もゴールドアンバサダー(IHGリワードクラブのゴールドエリート)

プラチナアンバサダー(IHGリワードクラブのプラチナエリート)

ロイヤルアンバサダー

に分かれています。

上級会員の詳細を見る

IHGリワードクラブ 日本語ホームページと電話対応

IHGリワードクラブ日本語ホームページと電話対応

IHGリワードクラブのホームページ

日本語での利用環境は完全に整っています。

IHGリワードクラブとインターコンチネンタルの予約センターは別になります。

しかし、予約に関してはどちらでも対応してくれます。

インターコンチネンタルの予約センターは東京になります。

IHGリワードクラブの予約センターは海外になります。

日本人ではない方が対応しますが日本語での対応になります。

質問や予約に関しては電話窓口(フリーダイヤル)があります。

週末や祝日は休みになります。

ホームページに関してホテルの検索はリストでの表示の他、地図を見て選択することも出来ます。

ホテルプログラムの説明も詳しく書かれています。

ホテルの説明も専用ページでホテルの特徴やサービス、交通機関の説明や地図まで掲載されています。

ホテルの展開地域

イギリスが本社になりますが世界各国に展開しています。

主要な都市やリゾートはほとんどカバーしています。

空港周辺のホテルも何カ所かあります。

料金の目安(1室)の一例

アメリカ 5.000円~

ホリディインなど安いホテルも多くあります。
空港やダウンタウン、ハイウエイ沿いに必ずあります。
インターコンチネンタルや一部のクラウンプラザホテル以外は
比較的安く宿泊できます。

ハワイ

ハワイには他の地域と比較して少ないです。
ワイキキに1件ホリデイインがある程度です。
海沿いではありませんが立地は良いです。

イタリア 5.000円~

ローマは高価になります。(50.000円程度)
ミラノは比較的安い価格もあります。
ヴェネツィア、フィレンツェには現在ホテルはありません。
ホテルの数は多いのですが安いホテルはレンタカーがないと難しいと思います。

IHGリワードクラブの概要  ポイント  上級会員  クレジットカード