入国制限を緩和 申請受け付け開始 ビジネス客は待機最短3日

新型コロナウイルスの感染拡大で原則停止していた海外からの入国について、制限を11月8日から緩和しました。
ビジネス目的での滞在はワクチン接種などを条件に入国後の待機が最短3日間となりました。留学生や技能実習生の入国も条件付きで認める。

企業や大学などの受け入れ先が経済産業省や文部科学省といった所管省庁に活動計画書を提出します。

外国人も邦人の帰国者も自宅やホテルなどで3日間待機した後、陰性を確認できれば入国から10日目までは計画書に基づいて行動するよう求められます。

公共交通機関の利用は座席指定のある鉄道やバス、タクシーなどに限られます。切符のコピーや領収書を30日間保存する必要があります。飲食店を訪れる場合は滞在はおよそ2時間以内と定められております。

厚生労働省は8日よりコールセンターを設置し、緩和の内容や申請方法などの問い合わせに対応すします。時間は土日を含めて午前9時から午後9時まで。

待機短縮の対象となるワクチンは日本が薬事承認した米ファイザー、米モデルナ、英アストラゼネカの3種。留学生や技能実習生は入国後の待機期間が最短で10日間となります。

観光客は今回の緩和の対象外。政府は新型コロナの感染状況をみながら、入国の対象を段階的に広げるかを検討するとしています。

ABOUTこの記事をかいた人

海外に商品を販売したり、海外で商品を購入して日本で販売したり、きちんとした仕事から副業、または旅行が好きで旅行のついでに商品を購入して、販売して旅行代を軽くしたい人まで役立つ情報と航空券やホテル、レンタカーのお得な使い方とノウハウを記載していきます。